防災研修を開催しました

3月11日、2年前に東日本大震災が発生し多くの被害をもたらしました。

共生会では大規模災害発生時に備えたBCP(事業継続計画)の一環として、新たに整備をした防災用備蓄の使用方法についての研修会を行いました。
画像

先般も「防災委員会」のブログでご紹介しました、様々な物品の使用方法を4グループに分かれて学びます。
画像

画像

「防災手押しポンプ」地下は貯水槽にホースを設置し空気入れのような形をしたポンプで水を汲み上げるものです。
停電時給水が止まっても水槽からの水を確保できるように備えています。
画像

地下水槽への階段は深くて急なので滑らないよう注意が必要です。
画像

「折り畳みヘルメットとデジタル無線」は簡単なものですが、これもやはり使い方を実際に行ってみることが必要です。
ヘルメットを広げるにはちょっと力が要ります。
画像

デジタル無線も使い方のルールを覚えておくことは基本ですね。
画像

「災害対策用トイレ」は大勢で組み立てると早く設置できますが、細かいパーツやネジの確認など指示をする人が必要になります。
画像

画像

「おんぶ紐」です。
今回はストレッチャーを使用して高い位置からの背負い方を体験してみます。
画像

画像

「まかない君」は今回実物を見てどのようなものが収納されているのかを確認してもらいました。
画像



様々な訓練を実際に行うことで緊急時に対応できる力がつくものだと、研修を通じて感じることができました。
この研修会は2回にわたって実施し、常勤、非常勤を問わず全職員参加で実施することとしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント